消費者金融

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法

(公開: 2020年6月27日 (土)

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンと消費者金融が提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですがその分審査も厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンといえます。

一方、消費者金融のキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

そのため、消費者金融のキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですからとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

そのため、専業主婦などは消費者金融に申し込んでも仮審査の段階で落とされてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

消費者金融というのは簡単に貸してくれるけど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも格段に多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料だったりするので、銀行カードローンよりも使い勝手が便利です。

また、消費者金融レディースローンを用意しているところも多いので女性でも借りやすいと人気です。

消費者金融のキャッシングは簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。

住宅ローンは長期に渡って返済していくローンですからローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

ですから、カードローンを利用中の人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査すら通らない確率が大きいのです。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組むなら、カードローンは解約しておいたほうが良いでしょう。

【消費者金優.club】によると、消費者金融のカードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

ですから、利息の計算日までになるべく元本を減らしておくことが利息を安くする有効な方法となります。

返済する方法として約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。